裏 ジャーナル

テレビでは報道されない真実。インターネットで暴露します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あまり知られていない事実。貧困のため?臓器売買と食用に子供が作られている。

世界の闇!臓器売買と食用! 高山満州
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/a0b1a60fa95c1196fa279ef6d7fbd5bf

成田空港等でも時々見かける奇妙な外国人の子供達の集団がある。
人種も年齢もバラバラで、学校の修学旅行で海外に来ているのなら同一学年のはずですが
そうでもないし、服装が極めて貧粗というか汚い。

とても修学旅行で、海外に来れる経済状態の子供達でないし、荷物を何も持っていない。
着替えの荷物も何も持たず海外旅行は有り得ない。

付き添っているのは、教会のシ スターのカッコウをした
プロレスラーのような体の大きな女と、スーツ姿のサングラスの男たちが数名。

 子供達は、全員沈黙し、顔色も悪くとても「楽しい海外旅行」という雰囲気ではない。

 この子供達は東南アジア、あるいは中国の雲南省まで
「運ばれて行く」産地直送の「荷物」なのである。

人体をバラバラに解体し、臓器移植用の臓器として冷蔵空輸するのは極めて難しく、
ましてや非合法な内臓売買なら、人体を解体空輸する事は不可能に近い。

そこで海外旅行を装って子供を「生きたまま」産地直送する。
この子供は現地に着くと手足を縛られ腹部をメスで切り裂かれ、
全て内臓を取り出され、待ち構えていた病気の金持ち達
(ほとんどが多国籍企業の経営者達)に臓器移植されるのである。

もちろん子供は、その場で苦しみながら死ぬ運命にある!

子供に麻酔などかけない!
人喰いが目的なので麻酔のコスト等かけない!
食後は、子供の死体は硫酸で溶かされ下水に流すか、
焼却され土に埋 められてしまうために警察には全く分からない
というか、警察も仲間である!

 この子供達は誘拐され、または親に売り飛ばされた子供達なのである。

親達は臓器移植用に自分の子供が、殺害される事は知っているが
喰われているなどとは誰も、考えない。

この子供たちの親は、最初から子供を臓器移植用に売り飛ばす目的で
セックスをしているのである。

子供を臓器移植用に売る目的で、最初から好きでもない相手と
セックスするのである。

農産物と同じで、子供も「販売目的で生産」されているのだ。

 臓器移植に適した年齢以前に「売られた」子供を
「適齢期」まで、購入者は「飼育」します。

臓器移植用の子供の「家畜小屋」もあります。

中南米では、キリスト教カトリック教会がその
「家畜小屋」であるケースが多々あります。

子供を育てられない貧困層が、カトリック教会に
子供を預けたり捨てて行くのです。
 米国ではネバダ州ラスベガス近くに複数の家畜小屋があります。

専門の飼育係=ブリーダーもいます。
アメ リカ陸軍が関係する砂漠の地下家畜小屋もあります。

 こうした家畜小屋では、米軍が人間の子供と豚の遺伝子を結合させ、
遺伝子工学で「人間豚」を食用に「生産」しています。
レストランの高級ステーキ用に人間豚の肉は味が良く、
非常に高値で「販売」されたりもしています。
これは食肉ではなくほぼ人間の肉だが、高 級レストランでは
牛肉として出されているのです。

時々テレビのグルメ番組で使う、1枚数十万円の高級ステーキが
人肉ステーキなのです。

人間と豚の遺伝子を不自然に結合させた人間豚の子供達は、
免疫不全、内臓疾患等で生まれてから「と殺」されるまで、
一生もがき苦しみながら成長して行きます。

家畜小屋は、人間のもがき苦しむ絶叫で24時間充満しています。

どうせ「と殺」される家畜であり、苦しもうとブリーダーには何等関係がありません!
家畜小屋は、真っ暗闇で完全な防音が施され、砂漠の真ん中の誰も来ない場所に
建設されています。
人間牧場です!


情報元
高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟
スポンサーサイト

テーマ:テレビで言わない情報 - ジャンル:ニュース

裏情報 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。