裏 ジャーナル

テレビでは報道されない真実。インターネットで暴露します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『旧約聖書』の神の風貌

コンノケンイチ著
フォトンベルトとファティマ大預言より


『旧約聖書』の神はいったいどんな姿形をしていたのだろう?
「イザヤ書」は、次のように述べている。

  「多くの人が彼に驚いたように、彼の顔立ちは、そこなわれて
   人と異なり、その姿は人の子と異なっていたからである。
   彼は多くの国民を驚かす。
   王たちは彼のゆえに口をつぐむ。

   それは彼らがまだ伝えられなかったことを見、
   まだ聞かなかったことを悟るからだ」(第52章14~15節)

アメリカの映画『プレデター』では、異星人を間近にみたシュワルツネッガーが
「なんて醜いんだ」と言ったが、『旧約聖書』の神も同じような醜悪な風貌の宇宙生命体のようである。

一方、「ヨハネの黙示録」には、『新約聖書』の神の風貌が述べられている。

それは、まるで仏教の「不動明王」を連発させる迫力に満ちた姿である。


 「足まで垂れた上着を着て、
  胸に金の帯を締めている人の子のような者がいた。
  髪の毛は羊毛のように真っ白で、
  目は燃える炎のようだった。

  足は炉で精錬された光り輝く真鍮のようで、
  声は大水のとどろきのようだった。

  右手に七つの星を持ち、
  口からは鋭い両刃の剣が突き出ており、

  顔は、照り輝く太陽のようだった」(第1章13~16節)


メソポタミア南部ティグリス・ユーフラテス川の下流に、紀元前4000年の後半、突如として人類初の都市文明が築かれた。
中国の黄河文明より1000年も古い、独自のくさび形文字で知られているシュメール文明で、その発祥と同時に、「牛神」と「龍神」の信仰が発生している。

人類が初めて暦を手にした民族がシュメール人で、人類最初の宇宙論もシュメール人の粘土板の文字に読み取ることができる。

世界各地の神話や伝説を調べると、牛神と龍神という2種の異星人が地球に来ていたらしく、伝統の流れは大きく二つに分布されていた。

牛神が活動した本拠地は、現在西インドとギリシア地方で、それがインド各地の「聖牛伝説」や「ギリシア神話」として今に伝えられている。


フォトンベルトとファティマ大預言―2013年、未曾有のカタストロフィーが地球を襲う!!はたして人類は新しい時代へと (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)
スポンサーサイト

裏情報 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。