裏 ジャーナル

テレビでは報道されない真実。インターネットで暴露します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【アセンション】覚醒された人間144.000人が必要

地球【転載可】
(1)アセンションは、人類の大多数が同時期に
真実の意識(覚醒・悟り)に気づきはじめるという現象で、
これは2013年ごろを境に起こることが期待され、また、少なくとも
人類の10%以上の人たちが、この機会に恵まれるだろうというできごとです。

(2)地球、および動植物も含めた自然環境が、これを境に大きく変貌する。
 これは地球だけにとどまらず、太陽系全体、あるいは銀河系全体を含む変化でもあります。

この変化は、何らかの存在、たとえばETのような地球以外の知的生命体によって計画されたものか、人類自らの意志によって起こるものなのか、宇宙創造の進化のプロセスの一環として起こる自然現象なのか…、いろいろな見解があるようですが、私は、人類自らの意志がメインであるけれども、これら3つの要因が影響しあって起こるのだという見解を持っています。

(3)アセンションのプロセスが、急激に起こる(たとえば数日間)という人たちと、
数年間の時間的なプロセスを経て起こるという人たち、
この点でもいくつもの見解があるようです。

また、アセンション後の状況についてハッキリしたヴィジョンを示している人は、
私の知る限り少ないようです。

これは、個人の悟りについて
「あなたは悟った後、こういう生活をするようになるでしょう」
と予言するのに似ていますから、
アセンション後についての説明が少ないのは当然といえば当然です。

 さて、(1)についてですが、

意識の覚醒の程度がポイントです。
どのていどの覚醒になるかによって状況は大きく変わってきます。

もし東洋の宗教が目指すような解脱、あるいはニルバーナ(涅槃)の状態に移行するのだとすれば、その意識からは世界も地球も人間も完全に存在しなくなっていますから、存在しない状況についてあれこれいうのは無意味です。

 もし覚醒の程度が、「真善美」としての自己の神性という目覚めであるならば、
人類も自然も調和した霊的な王国が実現することになるでしょう。
これは人間としてすべての人が目指すべき理想の状態で、
地上天国ということもできるでしょう。

 これらのことが起こるとすれば、緩慢に何十年何百年かけて起こるのではなく、
ウランに連鎖反応が起こるように、ある臨界点を超えたとき、
ある数の人たちが起爆剤となって連鎖反応が起こるでしょう。


 その数は少なくとも144.000人以上は必要でしょう。


起爆剤となるに十分な魂が、現在地上に用意されて(つまり、生まれ変わっているということ)いるので、この人たちが2013年までの間に次々と目覚めていくことが期待されるわけです。

そして数年のズレはあるかもしれませんが、近い将来確実に臨界点に達するでしょう。
そしてアセンションという連鎖反応が、その時からスタートすることになるのです。

その結果、現在地上に住んでいる人に当てはめれば、
全体として少なくとも10%以上の人口に目覚めが起こることになります。

反対の極にいる何十パーセントかの人、つまり自我に仕える人たちとは、
アセンションが起こった時点でお互いに精神的にも肉体的にも接触できない状況に
急速に分離していくでしょう。

 現在すでにこの2極分化が起こっていて、この開きはますます大きくなっていくでしょう。
良いものはますます良くなり、悪いものはますます悪くなっていく時代です。

http://www.apg-j.gr.jp/21C_3.html
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:

アセンション |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。