裏 ジャーナル

テレビでは報道されない真実。インターネットで暴露します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドル暴落にそなえる国々

ドル紙幣EU各国は、アメリカ崩壊と、ドル暴落にそなえて、それぞれの国の銀行券を再度流通させるために、猛スピードで印刷を始めています。

EUではアメリカ崩壊とドル暴落にそなえて、それぞれの国の銀行券、フランス・フラン、ドイツ・マルク、オランダ・ギルダーを再度流通させるため、それぞれの中央銀行と商業銀行に分配したという有力情報があります。

EU27ヶ国は、彼らの通貨を少しも信頼していなかったことになります。
アメリカとEU諸国は集団で詐欺的な活動に携わってきた。
米国の連邦準備制度理事会(FRB)は米国の債務を370兆ドルと信じ込ませているが、実際には1000兆ドルを上回り、1140兆ドルと思われています。

ゴールドマン・サックスに代表されるユダヤの世界的な銀行と証券会社は、その犯罪により潰れることになります。

連邦準備制度理事会は、まもなく消滅し、これまで同理事会が発行してきたドル札は紙くずとなり、あたらしい財務省通貨に替えられるようになります。

アメリカのイラクでの失敗は、米軍の解体につながる革命的な結果ともなるでしょう。
中国もまた、アメリカの犯罪者たちと共に崩壊することになります。

格下げされた米国ドルに対する評価の後、EUのユーロも欧州連合各国に吹き付ける経済的な混乱に戸惑うことになります。

場合によっては、欧州連合自体を内部分裂させる危機があります。

ドル紙幣米国国民がブッシュ政権による国際犯罪の現実を理解してきたら、イスラエルとゴールドマン・サックスの貪欲さに対して、激しい反ユダヤの巻き返しが起り、『イスラエル国家の消滅』が起ることも十分ありえます。

関係のあるユダヤ企業には、以下の名前が上がっています。

JPモルガン/チェースマンハッタン/バンクオブアメリカ/シティバンク/ゴールドマン・サックス/リーマンブラザース/FRBなど。

これらと取引している日本の銀行、生保、証券会社への影響は深刻です。

ブッシュやチェィニーを弾劾裁判にかけたら、ドルは暴落しますから、結局ユーロにもシフトしてくるでしょう。

EU加盟は27ヶ国で精一杯なのに、さらに、外国から来たお金は管理しきれないから、各国は自国の通貨を使おうじゃないかということなんだと思います。

EU加盟各国も、本音ではユーロを信用していないということじゃないんでしょうか。

新しいそのお札にはすべてICチップを入れて、ちゃんと管理できるようにしようということで準備しはじめています。

次期大統領は、本来なら何事もなければ、ヒラリーが大統領になったかもしれませんでしたが、ワンタ事件が表に出てしまったら、無理でしょう。
ヒラリーは、ワンタ資金をアメリカのグレナダ銀行から引き出している映像証拠を押収されています。
420億ドルの窃盗疑惑と、90兆円の税金横領疑惑がかかっています。

参考文献
まもなく宇宙人が到着します / 田村 珠芳
スポンサーサイト

テーマ:テレビで言わない情報 - ジャンル:ニュース

裏情報 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。