裏 ジャーナル

テレビでは報道されない真実。インターネットで暴露します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「アメリカ」も闇の権力に使い捨てにされる運命にある。

ブッシュが揚げた「脱シオニスト」の矢先に起こった9.11

 しかし、9.11テロはその傀儡国家(かいらいこっか)としてのもろさを露呈してしまいました。アメリカ
 このテロには闇の権力の一翼を担うシオニスト過激派が
 大きく関係しています。
 シオニストとは、
 「シオンの丘(パレスチナ)にユダヤ人国家を建設しよう」という
 〝シオニズム〟運動を扇動しているユダヤ人民族主義者のことを言いますが、ここで言うシオニスト過激派とは、「武力で他民族を抹殺してでも目的をかなえようとする一部の過激な勢力」のことを指します。


彼らはアメリカでのロビー活動を通じて、議会や政府に多大な影響力を持っています。
その影響を大きく受けていたのがクリントン政権です。


クリントン前大統領はシオニストを閣僚に起用し、あたかも彼らの代弁者のような政権運営をしていました。

たとえば、1999年のユーゴ空爆について、共和党からは「国益にならない。シオニストの利益にしかならないではないか」と激しい反対の声があがっていましたが、クリントン前大統領は強行しました。

彼は何度かシオニスト過激派に抵抗を試みたこともありましたが、
そうなるとたちまち闇の権力が経営権を握る大手マスメディアにスキャンダルを突きつけられる、という宿命にありました。

これに対して、ブッシュ大統領は就任すると、閣僚にもユダヤ人は起用しませんでした。

そして、クリントン政権時の政策の見直しに着手し、
シオニスト過激派向けだった政策にメスを入れました。


また、CIAの機構の見直しや、FEMA(米連邦緊急事態管理庁)の長官に自分の息のかかった人間を据えるなど、大統領の権限集中に取り組んでいました。


FEMAは災害からあらゆる緊急事態に対応することを建前にしていますが、非常時には大統領に代わって命令を下せる強大な権限を持ち、1979年の発足当初からシオニスト過激派の影響が指摘されていた機関です。


そうした見直しの矢先に9.11テロ事件は起こったのです。


そのタイミングは、あたかも自分たちの意見に従おうとしない大統領をシオニスト過激派がけん制したかのようです。

ブッシュ大統領には断片的な情報は以前から知らされていたでしょうが、テロ実行に関する具体的かつ詳細な情報までは知らされていませんでした。


同じく就任早々〝脱シオニスト〟を揚げたロシアのプーチン大統領もこれには非常に同情し、ロシアが蓄積していたシオニスト過激派の情報を惜しげもなく提供したと言われています。


「脱シオニスト」を揚げたブッシュ大統領が、シオニスト過激派の関与があったとされる9.11テロ事件後、急速に支持率をのばしたのは皮肉なことです。

有効な景気対策がとれずに支持率が伸び悩んでいたブッシュ政権にとって、テロは追い風になりました。

しかし、そのためにブッシュ大統領はシオニスト過激派の意見を無視するわけにはいかなくなり、結局「テロとの戦い」に突き進んでいくことになったのです。


アフガン戦争やイラク戦争をもっとも望んでいたのはシオニスト過激派を含む闇の権力者たちでした。

もし9.11テロがなければアフガン戦争もイラク戦争も、これほど世論を見方につけることはできなかったでしょう。

戦争に慎重だったアメリカの世論は9.11を境に一気に転換したのです。


現在アメリカは、9.11テロ事件とシオニスト過激派の関与をほぼ断定しています。

アメリカは以前からイスラエルを利する政策を実行してきています。
そのため両国はよく「コインの裏表の関係にある」と言われます。
それはアメリカが闇の権力の傀儡国家であることの証左となりますが、
アメリカの情報はイスラエルに筒抜けです。

アメリカの国益を何よりも優先する愛国心あふれたFOXニュースによれば、アメリカの通信ネットワーク技術はイスラエル企業に依存しており、
イスラエルはその立場を利用してスパイ活動を行い、
9.11テロの情報を知っていながらアメリカに警告しなかった、と言います。

番組に登場したFOXニュースの記者は、

「テロに関与の疑いで捜査当局に逮捕されたイスラエル人約60名が、捜査当局がいつ誰に電話したかを知っているという。
われわれがずっと追求してきたとおり、イスラエルがアメリカ国内でスパイ活動を行っているのは明らかなのだ」

と論じました。(参考:FOXニュース)


アメリカの情報がここまでイスラエルに筒抜けになっている証拠を突きつけられて、アメリカ国民もさぞおどろいたことでしょう。

FOXニュースの懸念をしり目に、アメリカはイスラエル、それもイスラエル右派との関係を密にしています。その実力部隊として暗躍するブッシュ政権内、それも国防総省で政権政策に当たる「ネオコン」は、イスラエル右派の代弁者としてアメリカ世論をアフガン戦争、そしてイラク攻撃へと一気に駆り立てました。


両戦争で圧倒的な勝利をおさめたことで、多くのアメリカ国民は
ブッシュ政権を称賛し、自分たちの正義に酔いしれています。

しかし、闇の権力のある人物が国連宛てに出した書簡には、
アメリカも近い将来消滅する、と書かれています。
アメリカを次々と戦争に駆り立てて無用な人口の削減に貢献させた後、
ほかの大国と戦わせて使い捨てるというわけです。

そして余計な人間がすべて片付いたところで
「世界統一政府」を樹立するのだと言います。

超大国が自らの力をおごったところから崩壊の道をたどることは、
歴史が語っています。

アメリカは財政的にも「双子の赤字」を抱えており、
このまま軍事大国化が進めば間違いなく破綻の道を進むことになるでしょう。


アメリカの同盟国である日本はアメリカにひきずられることなく、
国益に基づいた国家戦略を実行すべきなのです。
スポンサーサイト

裏情報 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。