裏 ジャーナル

テレビでは報道されない真実。インターネットで暴露します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか

世界位の長寿国日本

寝たきり老人の数も世界


こちらも合わせて(聞きながら)どうぞ 【穏やかな死_を邪魔する医療の内幕 たねまきジャーナル】
 2

 ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人は
いないと、どの福祉関係の本にも書かれています。他の国ではどうなのかと思い、学会の
招請講演で来日したイギリス、アメリカ、オーストラリアの医師をつかまえて聞くと、
「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」とのことでした。一方、我が国のいわゆる
老人病院には、一言も話せない、胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、
腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。

 不思議でした。日本の医療水準は決して低くありません。むしろ優れているといっても
良いくらいです。

 「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」

 答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門に
している家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先生にストックホルム
近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人
もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。

 その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるの
は当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民
みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方
さえあるそうです。

 ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作り
ませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。
したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりに
なる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

■欧米が良いのか、日本か

 さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、全くものも言えず
、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束され
ている高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。

 家内と私は「将来、原因がなんであれ、終末期になり、口から食べられなくなったとき
、胃ろうを含む人工栄養などの延命処置は一切希望しない」を書面にして、かつ、子供達
にも、その旨しっかり伝えています。(宮本顕二)

ソース:ヨミドクター
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60441

参考




 第1章 「寝たきり老人」がいない!
 秘密その1 おむつをしていてもお洒落ができる
 秘密その2 ホームヘルパーが朝昼晩現われる!
 秘密その3 アマチュアとプロの違うところは……
 秘密その4 魔法のランプをこすったときのように
 秘密その5 訪問看護婦は名探偵
 秘密その6 家庭医という名の専門医
 秘密その7 補助器具センターは地下室がすごい
 秘密その8・9 「○○床の施設」と「○○室の施設」
 秘密その10・11・12 在宅福祉三点セット

対話-1 デンマークの元社会大臣・アンデルセン氏

第2章 ノーマリセーリングの波
 「ふつうに」という思想

対話-2 ノーマリゼーションの父・パンクミケルセン氏

 まず、知的ハンディの世界で……スウェーデンで
 教育の世界にも……フィンランドで
 精神医療の世界でも……イタリアで
 人生の最期に……イギリスで
 保護でも慈善でもなく……アメリカで
 障害者が障害者でなくなるとき

第3章 真の豊かさを実現するために
 日本のすごい女たち・男たち
 「法律破りをどうぞ」という制度
 権限は市民のそばに
 寄付とボランティアと民活と
 税金は「預けるもの」?「取られるもの」?

対話-3 スウェーデン通の政治学者・岡沢憲芙氏

 人間のどこを見るか?
 灯台もとくらし
 動物の世界にはないもの


【医療】欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか [12/06/20] -
デスクトップ2ch http://desktop2ch.tv/bizplus/1340447033/
スポンサーサイト

テーマ:テレビで言わない情報 - ジャンル:ニュース

ノンセクション |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。